【心に刺さる!】斎藤一人さんの名言をご紹介します⑤

巣ごもり満喫プラン

こんにちは。haraです。

今回も斎藤一人さんの名言を3つご紹介します。

斎藤一人さんは「銀座まるかん」の創業者で、納税額日本一ですごい方なんです。

さらにこの方にはたくさんの名言があって、ユニークで楽しいんです。

そのたくさんの名言の中から私が独自で選んだものをご紹介します。

 

完璧にできるのは、神様だけ。 ただ、私たち人間には、何ごとも不完璧でも、それにめげず楽しく改良していくことができる。 うまくいかないからって、ガッカリちゃダメですよ。 改良して、少しだけ良くなればいいんです。 それだけです。

できる範囲が今の自分にとって満点と思っていればいいのだよといった、自分を受け入れてあげるセリフです。 完璧主義者で頑張り屋さんの人は「理想からだとここが足りない」「あれがダメこれがダメ」と足りないところに目が行きがちですが、パーフェクトにできるのは神様だけです。 足りないところを受け入れてあげるのも、人生をより楽しむためのポイントと教えてくれています。

 

名言2「実力は速さであると私は思っています」

実力は速さであると、私は思っています。 「じっくりやる」というのは、普段から何も考えていない証拠です。

幸せなお金持ちになるには、運気の流れに乗ることが大事で、何事も「今」と思ったチャンスが来たタイミングで掴みにいかねばなりません。 自分のペースだけで動いていると、チャンスを逃して実力も発揮できないことになってしまいます。 しかし、これは最初から何事もスピーディに進むわけではなく、最初は違うよという名言もあります。

加速の法則っていうのがある。 コツコツやってると加速がついてお金もたまりだすし、協力者もでてくる。 ちょっと地味なようだけど、一からコツコツやる。 それが遅いようで、成功の一番の近道。 加速がつくと、驚くほど速くなる。

最初はだれでも目の前のことをコツコツと、一生懸命、丁寧にやること。 そして運気が乗ってきたら流れに乗ること これが重要なポイントです。

 

名言3「偉大なものほど本当は小さいんだよ」

偉大なものほど、本当は小さいんだよ。 で、小さいことの積み重ねが、すごい偉大なんだよ、ってことがわかる人が偉大なんだよ。

上記の「実力は速さである」という成功の法則にも通ずるところがありますが、何事も最初はコツコツ小さなことをやり遂げることが成功する道のりです。 神様は、素敵な種をくださるが、それを育てて開かせることができるか、花にすることができるかは自分次第といったところでしょうか。 何か問題や上手くいかないことが降ってきたと思った際に、それをどうパワーに変えてゆくかはあなたの考え方次第です。

まとめ

5回にわたって斎藤一人さんの名言をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

わたしは40代ですが、今まで教わってきた小学校や中学校の先生の考え方とは違ったように感じてとても新鮮な気持ちになりました。

しかも、今まで溜まっていたものが少しずつ解消されている気がしています。

興味のある方は是非、斎藤一人さんの書籍などをご覧いただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました