【初心者向け】文才0でも大丈夫!魅力的なキャッチコピーの作り方!

ビジネス基礎

こんにちは、シャラです。

世の中には、

とても良い商品やサービスなのに、

売れないものがある一方で、

 

 

クオリティーは普通なのに、

よく売れる商品やサービスがある

ことを不思議に思ったことは

ありませんか?

 

もしかすると、

それは商品やサービスの

クオリティーではなく、

 

広告コピーやキャッチコピーの

作り方に問題があるのかも

しれません。

 

 

実は、

キャッチコピーの作り方で、

売上げに何倍も差が出ることが

あるのです。

 

今回は、

売れるキャッチコピーの作り方

についてお話したいと思います。

 

 

なぜ必要?キャッチコピーの重要性について

 

キャッチコピーは、

コピーライティングにおいて

最も重要な要素で、

 

タイトル部分

 

になります。

 

なので、

 

キャッチコピーが全然ダメで、

全くお客様の興味をひきつける

ことができなければ、

 

その先を読み進めてくれる

ことはないのです。

 

実際に、

キャッチコピーを見た上で、

本文を見るかどうか判断する人の割合が

 

8割」を超えるといったデータも

あります。

 

《引用元》マクロミルのメールマガジン調査

 

このようなことから、

お客様の興味をそそり、

本文へ読み進みてもらえる

 

「キャッチコピー」

 

を作ることが重要なのです。

 

お客様をそそるキャッチコピーが

書けるようになれば、

 

 

あなたの商品、サービスは、

「えっ!こんなに変わるの!?」

と思うぐらい、

 

お客様から問い合わせが増え、

たちまち人気商品、人気サービスに

変貌すると思います。

 

売上げは今までの数倍に増え、

あなたは、大きなお金と、

ゆるがない自信を

手に入れるでしょう。

 

サラリーマンをしている人は、

その商品を武器に、

独立できるかもしれません。

 

 

売れるキャッチコピーを書くことを

実践しなければ、

 

あなたの素晴らしい商品やサービスは

世間に広まりにくく、

売上げが伸び悩むかもしれません。

 

挙句の果てには、

資金もつき、自信もなくなり、

辞めてしまう可能性もあります。

 

いい商品、いいサービス

だったとしたら、

もったいないですよね。

 

また、

私には文才がありません・・・

と言うひとがいますが、

 

 

キャッチコピーを書くことは、

能力、文才とは全く

関係ありません。

 

私も作文苦手だったので^^

 

小説や脚本を書くためには、

能力や文才は必要かもしれませんが、

 

キャッチコピーを書くためには、

文才ではなく、

 

売れるキャッチコピーを作る

パターンをいくつ知っているか

どうかの違いです。

 

そのパターンを知れば、

あなたでも売れるキャッチコピーを

書けるようになります。

江戸時代からあった!?キャッチコピーの歴史

 

土用の丑の日」という言葉は

聞かれたことあるかと思います。

 

この言葉は、

江戸時代に「平賀源内」が、

考えたもので

 

日本初のキャッチコピー

 

って言われています。

 

江戸時代のうなぎ屋さんが、

 

「夏場に脂が落ちて身が淡白になった

うなぎが売れない」

 

と困って、

 

平賀源内がこんな張り紙を店頭に

出したらバカ売れしたらしいです。

 

「本日丑の日」

 

土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

 

目的は違いますが、

テレビCMなどでも

 

 

「セブンイレブンいい気分」

「ピカピカの1年生」

「そうだ!京都へ行こう」 など

 

キャッチコピーは欠かせない存在

になっています。

 

ジェットコースター法 ~大きな落差を利用~のやり方

 

ジェットコースター法は、

前半と後半に落差をつける

ことで魅力的なコピーにする方法です。

 

 

コツは、

前半に「谷」、後半に「山」意識する。

・「手軽さ」が伝わるようにする

・具体的な数字を入れるとより魅力的に

 

あなたは、

次の2つのコピーのうち、

どちらに惹かれるでしょうか。

 

A.「東大卒の私が頭脳を駆使して成功した

企業独立のヒミツとは?」

 

B.「リストラされた私にもできた50代で

企業独立して成功したそのヒミツとは?」

 

これは、Bの方が、

あなたの興味を強く惹いたと思います。

 

人間は前後の落差が大きいほど、

興味を惹かれます。

 

Aは「東大卒のエリートが独立」、

Bは「リストラされた50代が独立」

 

Bの方に落差があるのは一目瞭然

ですよね。

 

いくつか例文を書いてみます。

 

A.「インスタフォロワー1万人獲得法」

B.「62歳のおやじにもできた!

インスタフォロワー1万人獲得法」

 

A.「売れるセールストーク作成マニュアル」

B.「口下手で営業成績最下位の私が、

契約件数を飛躍的に伸ばした

スーパーセールストーク作成マニュアル」

 

A.「痩せる下着」

B.「1日寝ててもやせる下着」

 

まずは、書いてみましょう!

 

いかがでしたか?

 

キャッチコピーは、

パターンを知ることで

魅力的なものを作ることができます。

 

まずは、「落差」を意識して

どんどん書いてみましょう。

 

もし、

わかりにくいようでしたら、

私の公式ラインまで、

お気軽にご相談いただければと

思います。

 

 

PS.ネットビジネスの内容について、

私の公式ラインでも配信しています。

 

↓↓↓公式ラインはコチラ

 

 

友だち追加

 

 

ご登録いただければ、

 

・コピーライティング

・ビジネスの基本

・収入の増やし方

・ビジネス心理学

 

などの情報を無料で配信しています。

 

まわりでネットビジネスをしている人より、

1歩リードしてみませんか。

 

そして今なら、

「ネットビジネスで成功する為の3つの条件」

のPDFをプレゼントします。

 

さらに、、、

Twitterで

ファボ数を爆上げしたい方必見!

 

1ヶ月間、

いいね100以上のツイートを

まとめたリストを無料で進呈します。

 

その他、ネットビジネスをされている方で、

 

・何をすればいいのかわからない

・手順どおり進めているのに、稼げない

・相談する人がいない

 

など、ビジネスに関することなら何でもご相談いただければと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました