【初心者向け】コピーライティングで絶対やるべきではない4つの事とは?

ビジネス基礎

こんにちは、シャラです。

WEBマーケティングにおいて、

 

コピーライティング

 

は必要不可欠なスキルだということは、

ほとんどの人が知っている事実です。

 

ネット上では、

コピーライティングのテクニックが

いろいろ紹介されていますが、

 

これはテクニックに重きを

置きすぎでは

 

というような記事が見受けられます。

 

これでは、

せっかくの素晴らしい商品・サービス

なのに

 

「粗悪なイメージをもたれる」

可能性も拭えません。

 

今回は、

 

コピーライティングで

絶対やるべきではないこと

 

についてお話します。

 

コピーライティングの”本質”とは何か?

 

そもそもコピーライティングは、

どうして必要なのでしょうか?

 

言うまでもありませんが、

コピーライティングは

 

人の気持ちを操り行動させる

 

ということです。

 

ではその本質は?

コピーライティングの本質は、

 

人間心理の深い理解

 

なのです。

 

お客様を深く理解して書いた文章

だからこそ結果的に、

人を行動させることができるのです。

 

したがって、

コピーライティングにまず必要なのは、

 

奇抜なアイデアや

クリエイティブな発想よりも、

 

悩みの共感」や

お客様目線の答え

 

と言えます。

 

 

なのに、

人間心理を深く理解されていない

ような文章がたくさん見受けられ

ます。

 

これでは、せっかく

テクニックを勉強して何時間もかけて

書いた文章が台無しになってしまいます。

 

そんな、

 

コピーライティングを熱心に勉強されて

いる方や、これから勉強はじめようと

いう方に是非読んでもらえたら

 

と思っています。

 

 

コピーライティングで絶対やるべきでは

ないことを理解して文章を書くことが

できれば、

 

 

あなたの商品・サービスは

 

お客様により価値を感じてもらえ、

お客様の興味をより惹くことが

できます。

 

そして、

成約率アップにつながり、

売上げアップにつながって

いきます。

 

さらに、

あなたは自分の商品・サービスに

自信がつき、

 

新しいアイデアが次から次へ

出てくるでしょう。

 

そして、

ビジネスもプライベートも

充実した幸せな生活を送る

ことになるでしょう。

 

 

 

もし、

コピーライティングで絶対やるべきでは

ないことを理解せず文章を書き続ければ、

 

あなたの素晴らしい商品・サービスは

 

お客様に価値を感じてもらえず、

お客様の興味を惹くことできず、

 

その他の商品の中に埋もれてしまう

ことになります。

 

そして、

人間心理を深く理解したライターに

お客様を奪われてしまうことに

なるかもしれません。

 

絶対にやるべきではない4つの事とは?

 

コピーライティングで絶対にやるべき

ではない4つの事はコレです。

 

1.押し付けがましい文章

 

「この○○は、機能的に抜群で、耐久性

もあって、収納力もあって最高・・・」

 

こっちの言いたいことをバンバン書いて

売り文句、煽り文句だらけの文章です。

 

意図的ではなくても、

感情が高ぶってくると、つい

やってしまいがいちです。

 

常にお客様の感情を考えて書いていく

ことが大切です。

 

2.やたらとテンションが高い文章

 

「!」を乱発しているような、

やたらとテンションの高いコピーです。

 

何かを売り込みたいタイミングで

そうなるケースは多いのですがお客様

の反応を落とすことになりかねません。

 

テンション高く書くことも必要ですが、

時と場合を考慮して書く必要が

あります。

 

あまり商品のアピールではなく、

自分の思いなどを書くときなどは

有効なケースが多いです。

 

3.口調、文調が一貫していない文章

 

言うまでもありませんが、

文章の口調、文章は一貫させる必要が

あります。

 

「そんなこと当たり前」

と思っている人もいると思いますが、

意外とできてなかったりします。

 

 

「です、ます」で終わっている文章が

いきなり「である、なのだ」にならない

ように気をつける必要があります。

 

4.他人行儀なメッセージ

 

(例)「コピーライティングを1日1時間でも

勉強して成功できるなら、その手間と

労力を惜しむような人はいないでしょう」

 

このような文章の反応は高くなりません。

 

「○○のような人はいないでしょう」

というところが他人行儀を感じさせている

ポイントです。

 

反応率が高くなる文章を書くための心得

 

これまでお話しました、

絶対にやるべきではない4つの事に気を

付けて文章を書く必要があります。

 

そのために、

次の3ステップを意識してみましょう。

 

Ⅰ)お客様が望んでいる事、知りたがって

いる事を意識しながら書く

 

文章を書いているとどうしても感情が高ぶり

強調し過ぎたり、度を越えた発言になって

しまうことがあります。

 

なので、1文1文お客様のことを考慮しなが

ら書くことが必要です。

 

Ⅱ)書き終わったら声に出して読んでみる

 

文章を書いているときは気づかなくても、

声に出してみると違和感を感じることが

あります。

 

その時が修正を加えるタイミングです。

心にスーッと入る文章に修正しましょう。

 

Ⅲ)1日寝かせてみる

 

できれば、できあがった文章を1日寝かせ

てみることをおすすめします。

 

文章が出来上がったときは自己満足に

陥りやすい傾向があります。

 

時間をおいて再度文章に目を通すことで

新たな気づきがある場合があります。

 

 

コピーライティングはトライ&エラー

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、やるべきではない事をお話

しましたが、

 

結局は、

コピーライティングは書かないと

上達することはありません。

 

コピーライティングのことを

「知っている」と「できる」では

うんでいの差があります。

 

なので、

萎縮することなく、

どんどん書いて気づきを得ていき

ましょう。

 

もし、わかりにくいようでしたら

ご質問にお答えさせていただきます

ので”公式ライン”まで

お問い合わせください。

 

添削依頼もお気兼ねなく。

↓↓↓

 

 

友だち追加

 

 

PS.

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

スキル0、知識0、人脈0の

46才・中年サラリーマンが

 

ネットビジネスの知識をまとめた

「公式ライン」をはじめました。

 

 

友だち追加

 

 

↑↑↑こちらから登録してください!

 

ご登録いただければ、

 

・コピーライティング

・ビジネスの基本

・収入の増やし方

・ビジネス心理学

 

などの情報を無料で配信しています。

 

まわりでネットビジネスをしている人より、

1歩リードしてみませんか。

 

そして今なら、

「ネットビジネスで成功する為の3つの条件」

のPDFをプレゼントします。

 

さらに、、、

Twitterで

ファボ数を爆上げしたい方必見!

 

1ヶ月間、

いいね100以上のツイートを

まとめたリストを無料で進呈します。

 

その他、ネットビジネスをされている方で、

 

・何をすればいいのかわからない

・手順どおり進めているのに、稼げない

・相談する人がいない

 

など、ビジネスに関することなら何でもご相談いただければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました