ポジティブ思考になるために、絶対してはいけない5つのこととは?

ライフスタイル

こんにちは、しゃらです。

 

たまたま、イヤなことが重なると、

ネガティブ思考になりやすいものです。

 

また失敗するかもしれない

頑張ってもどうせうまくいかないだろう

とか。

 

こうなると、

どんどんネガティブ思考に陥ってしまいます。

 

では、

どうすれば、ポジティブ思考でいられるのか?

 

今回は、

ポジティブ思考になるために、

絶対してはいけない5つのこと

についてお話します。

 

ポジティブ思考になるために、してはいけない5つのこととは?

生活のリズムを乱さない

睡眠不足や食生活が乱れると、

脳や身体が疲弊してパフォーマンスが

下がります。

 

そして、

いい結果が得られにくくなるため、

ネガティブになっていきます。

 

なので、

規則正しい生活は不可欠です。

 

「できないこと」ばかりに目を向けない

今回もうまくいかなかった、きっと

次もうまくいかないだろう

 

このような思考のときは脳も働かず、

ネガティブになっていきます。

 

そんなことを気にするよりも、

 

小さいことでもいいので、

できたーっ!」をいうことに

目を向けましょう。

 

すべてを自分のせいと考えない

どんな失敗でも、

自分が悪いんだぁ。。。

と考えてしまう人がいます。

 

こういう人は、

これは自分のせいではない

と公言してみるのも一つの手です。

 

考え込んでも仕方のないことまで考えない

うまくいかないときは、

あれこれと考えてしまいがちです。

 

他人の考えや評価は、考えても仕方が

ないのです。

 

なので、

「仕方のないこと」を割り切ることも

大切です。

 

何事も完ぺきを目指さない

完ぺき主義者は1%のミスでもダメージを

受けやすく、ネガティブになりがちです。

 

なので、

完ぺきを目指すよりも、「7割できればOK

を考える方がダメージは軽減されます。

 

ミスをしない人はいません。

7割ならOKという考え方をしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ネガティブ思考になると、

脳の動きが悪くなり、身体に支障を

きたすことがあります。

 

毎日を健康で楽しく過ごすために

ポジティブでいるように心がける

ことが幸せにつながります。

 

1度きりの人生、楽しく、ポジティブに

生きていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました